「極真空手新人戦」壮年軽量の部優勝しました!

去る2021年6月20日に開催された、極真会館 金太郎杯(新人戦)、壮年軽量の部で優勝しました。

極真に息子と入門して、10か月。
いまや息子よりもはまってしまっています。

大会一ヵ月前から追い込み稽古をやっていましたが、丁度仕事もかなりハードで忙しい時期にきており、
心が折れそうになりながらも、仕事がおわって、深夜に坂ダッシュをして、スタミナトレーニングをやってました。
深夜にマスクをつけて、坂を全力ダッシュするおっさんはどうみても変質者だったと思います。

正直、36歳になってこんなに自分を追い込んでトレーニングするとは思っていませんでした。
吐きそうになるまで追い込んだのは、高校の部活をやめて以来です。
普段社員に「頑張れ!」と激を飛ばす立場ですから、ここで自分が、自分に負けるわけにはいきません。
優勝したことも嬉しいですが今回、大会にむけて追い込み切れたのは、
こんなおっさんな自分でもまだやれる!と自分にとって大きな自信になりました。
ビジネスも空手も全力で頑張っていきます。

PS: 会場に世界チャンピオンの上田幹夫選手がこられていて、写真をとって頂きました。
強者のオーラが凄い。
自分も黒帯とれるように精進します。
押忍。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =