日経ビジネス 起業家たちのリンカクに掲載されました!

日経ビジネス様の起業家たちのリンカクに掲載いただきました。
一分間で複数の質問にベンチャーの社長が答えていく、というコーナーで、流し撮りなのでかなり緊張しました(汗)
学生時代にはまっていた麻雀や、座右の銘を選んだ由来など、なかなかユニークな質問ばかりでした。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00073/091600063/?fbclid=IwAR2Of9_GiS9endk4ipy3jpc3amlOBrC2h-Rs7IDfJXYDa_Y1U3IePusq1cc

私の座右の銘はジョージソロスの
「まず生き残れ、儲けるのはそれからだ」
という格言です。
もともとは投資家にむけた格言なのですが、私の人生においても非常に重要視しています。
ベンチャー社長のくせに保守的だな!
と思われるかもしれません。
企業として素晴らしいサービスをつくるのは最も重要ですが、
しかし、サービスが拡大するには、時代が大きく動く”波”に乗らないといけません。
インターネットが大きく伸びた波、スマートフォンが一気に人々の生活を変えた流れ、
そして、私が目の当たりにしたのが、2017年の暗号通貨が一気に市場のバブルを引き起こした波です。
結果として、それはバブルであったために、2018年には崩壊し、焼け野原になりました。
しかし、暗号資産、ブロックチェーンが当たり前にインフラとして利用される未来は必ずくると私は確信しています。
次に来る波が、本当の波です。
しかし、その大きな波が来たときに乗れる準備をしていないといけない。
その絶好のチャンスの前に死んでしまったり、退場しては意味がないのです。
麻雀でも、ポーカーでもそう。
手札が悪いときに無理をして勝負しては勝てない。
流れが悪いときは、負けを小さくして、最高の手札のときに一気に勝負する。
耐えるべきをしっかりと我慢強く耐え、そして、チャンスが来たときには全力で
勝負する。
それが私自身の生き方です。

Follow me!