物流業界誌 マテリアルフロー様にSTANDAGEの特集記事を掲載いただきました!

2020年9月号の物流業界誌「マテリアルフロー」様に、6PにわたるSTANDAGEの特集記事を組んでいただきました。
実は、2019年にも一度取材いただいて掲載いただいていました。
当時は貿易決済の部分に特化していましたが、その後マーケットフィットをする段階で、さらに機能拡張が必要だと判断し、それまでのシステムを一度捨てて、再度一から作り直しました。
勿論、今のシステムを活かした方がいいのではないか?
という議論もありましたが、作り変えた方が今後を考えてもよいという結論に至り、全面的に再構築。
CTOを中心に全速力でシステムが再構築して、何倍もいいものをつくってくれました。
結果として再構築したのが正解だったと考えています。
ミスなく行けるのは最善です。
しかし、万が一道が外れかけたとき、または、さらに良い道が見つかったときに、それまで積み上げてきたものを一度捨てて、良いほうを選んでいく。
「ロスカット」
これは私がもっとも大事にしている部分です。
ロスカットを判断するのは、トップやマネジメント層でないとできません。
なぜなら一度、負けや失敗を認めなければいけないからです。
しかし、流れの悪いものをずるずると引きずるよりも、スパっと終わらせて、新しい形で再始動した方が、結果として大きなリターンがあると思っています。
「まず生き残れ、儲けるのはそれからだ」
著名な投資家ジョージソロスの言葉ですが、私が常に心に置いている言葉です。

Follow me!